スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい生命

ご存知の我が家のイモリ君達、あいかわらずおバカっぷり全開で暮らしております。
愛らしい目、学習しない鈍くささ、おなかの柄、僕を毎日ホッとさせてくれます。

実はそんなイモリ君のうちメスのピグちゃん。

数ヶ月位前から急に太り始めました。
どのくらいかというと、おなかが邪魔で両足が地面につかないくらい。。

「食い過ぎじゃない?」
とか
「病気だったらどうしよう。。」

とかいろいろ考えてたんだけど、調べてみたらこの季節はおなかに卵を蓄えている可能性が高い事がわかったのでした。(唯一のオスのレグちゃん、普段は他の2匹の女子達の食い気と体格に圧倒されてひとりぼっちでいる事が多いのに、見てないところでやるときゃやるもんだね。)

そして2ヶ月くらい前、水槽の中の水草に異変を発見したのです。

水草の陰に丸くてプワプワしたものが、ピトっとくっついているのです。

「これ卵ぢゃん!」


以前どっかのサイトで、「イモリは卵を産んでも、少したつと自分が生んだ卵だってことを忘れて食べてしまう」という事が書かれていたのを思い出して、慌てて卵がついた水草を水槽から出して、ありあわせの瓶に移し替えて様子を見てみる事にしました。

100321_1234~01-1


イモリという生き物は、成体を飼育するのは容易だけど幼体は飼育が簡単ではないときいていましたが、せっかく生まれた卵、どうせなら孵化させてみたいと思ったのです。

それから約2ヶ月、産卵される卵は徐々に数を増し、成体達に食べられずに済んだもの達は次々とビンの中に移されていったのです。
中には順調に成長して卵の中でイモリらしい形に成り始めるものもあれば、腐ってしまう卵もありました。

通常産卵から2~4週で孵化すると聞いていたのにもう2ヶ月、やはり孵化させるのはむずかしいのかな。。

と思った矢先。

先ほど帰宅してビンを持ち上げて中をのぞいてみると

「ピュッツ!!」

なにやら黒くて小さい物体が水の中を動き回っているのに気づきました。

よく見ると、それはまぎれも無く、生きたイモリの幼体だったのです!ヤッタ~!!

100425_1410~01

100425_1409~01


しばらく観察してみると、普段はビンの底の端っこの方で死んだように動かないのに、水の中で枯れ落ちた水草の葉をピンセットで取り除こうとすると、ビックリして慌ただしく水の中を泳ぎ回っています。うん、元気元気。しかも2匹いて、まだ残りの卵も孵化しそうなのがいくつかある!
前回の記事で岩井さんの訃報をお伝えしたけど、その翌日の事とあって特別な何かを感じます。
岩井さんの詞の中から名前をつけようかしら。

さて、これからの幼体の成長が楽しみだぞ。

ところで、イモリの幼体って何食うんだろ???

↓自分の子供が孵化したのも知らずにぼけ~としてる母親のピグちゃん。
100425_1412~01
スポンサーサイト

テーマ : ☆水槽の中☆
ジャンル : ペット

訃報

とても残念ですが、悲しいお知らせです。

我が魅惑の東京サロン、そしてヒルタナユミと魅惑の東京サロンの活動を長年支え続けてくれた作詞家の岩井真理子さんが永眠されたそうです。

この場でこの事を書こうかどうしようか迷いましたが、彼女の功績を考えると、彼女がいた事を少しでも多くの人に覚えていてほしくて、やはり書く事にしました。

岩井さんは僕が魅サロに加入するずっと前から、バンドに歌詞を提供してくれていて、僕も彼女の歌詞に対して何曲も作曲し、そのいくつかは採用されて世に出る事になりました。

ヒルサロの黄金コンビ、作詞:岩井真理子、作曲:夕田みわこにはとうていかなわなかったけど、とにかく僕が作曲した曲が世に出る事が出来たのは彼女のおかげ。

そして、魅惑の東京サロンが大阪のCRJチャートで第一位を獲得できたり、ヒルタナユミと魅惑の東京サロンが当時の東芝EMIからメジャーレーベルでアルバムをリリースし、その前後で合わせて通算6枚ものオリジナル音源を発表し、前身バンド「熱風音楽市場魅惑の東京サロン」から数えて13年間も活動し続けていられるのも、彼女のおかげ。
彼女が僕たちに書いてくれた作品はとても沢山あるけど、世に送り出せたのは半分もないのがとても心残りです。

僕たちはこれからも音楽を続けます。
岩井さんの分まで、一生懸命生きて、音楽を続けようと思います。

僕たちに素敵なことばの数々をありがとう。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

合掌

P.S

彼女のホームページ
是非覗いて下さい。

岩井真理子のコドクの星

地下室の会ライブ後記

昨晩の地下室の会「BPL vol.41」ご来場の皆様ありがとうございました!
今回も素晴らしいライブイベントになったと思います。会長の富倉さん、副会長の依知川さん、こんな素晴らしいイベントに出演させて頂き感謝です!

さて昨晩の出演グループを簡単に紹介すると

「コントラバス・カルテット」
河原真 (W.Bass)、YUCCO (W.Bass)の2名が率いるコントラバスのみ4名の弦楽4重奏。コントラバスの可能性の広さを感じさせてくれる演奏でした。

そして我らがEbony-B & The Grasshopper(s)
出演バンドの中で多分もっとも音数が少ないんじゃないかと思われるトリオ。この「音数の少なさ」が評判を呼びました~。感謝!

「しーなとシュウ」
梶山シュウさん(Vo.B)と椎名まさ子さん(Vo.Pf)のデュオ。
お二人の卓越した演奏は勿論、人間性の現れた温かいボーカルのハーモニーが素晴らしかった。このお二人とは打ち上げでも沢山お話させてもらいましたが、素晴らしい方達でした。

「長島淳一郎&田野城寿男セッション」
長島淳一郎 (B)さん率いるフュージョンセッション。職人ミュージシャン達の技が光っておりました。

「竹下欣伸&弦一徹」はウッドベースとバイオリンのデュオ。
誰でも知っているポピュラーソングを驚くべきアレンジで楽しませてくれまし
た。

「JINOMASA」
言わずと知れた日本のベースヒーロー「日野JINO賢二」さんと彼の盟友「マサ小浜 (G)」さんのデュオ。30分のステージの殆どがその場のインスピレーションから生まれたアドリブ演奏によるもの。2人のちょっとしたプレイをキッカケにどんどん展開してゆくステージに彼らのミュージシャンとしての幅の広さと長年培ったチームワークを感じました。(多分JINOさんが弾いたフレーズは僕には何一つ真似出来なさそう。。)
以上が昨夜の出演者。

毎回思うけどこの会に集まるベーシストたちはみんなハートが最高なんだよね~。
オフステージでも打ち上げでも心地よい時間を過ごしました。

そして昨夜一番僕が嬉しかったこと。
僕が演奏したあとJINOさんとすれ違った時に
「音太かった~!」
と声をかけてくれたこと。

でしょ~!

地下室の会

いよいよ明日に迫ってます。地下室の会のライブ。

リハも終え、エボビの3人も順調に仕上がっております。

特に僕には、周りが実力派ベーシストばかりとあって特別なライブ。このイベントに出るのは3回目ですが、普段ライブでは全く緊張しないけど、地下室の会だけはやはり緊張します。


はぁ~。。。

楽しんでくるぞ~!

ひとつ宜しく!

心の洗濯

久々の更新となってしまいました~。
皆様いかがおすごしですか~?

実は先週末金、土、日の3日間で、SSP(ダブルエスピー)という劇団の公演に、劇中に登場する世界をさすらうソウルミュージシャンという設定でライブをしてきました。

ボランティア活動をしにはるばるアフリカまでやって来た日本人の若者が、現地で喧嘩別れをしたものの、結局あるバーに集まって、そこで僕らに遭遇して僕らの音楽に接し、自分達が目指している事を成し遂げる為のヒントを得るという設定。物語に録ってターニングポイントでの登場でした。

僕は初日に劇団のみんなと合流するまでは全く内容を把握していなかったのだけれど、3日間彼らと過ごせたのは僕にとってとても貴重な体験となりました。

みんなとにかく目がキラキラしてる。

みんな、いつでもニコニコしている。

みんな、自分の感情に正直でいる。

芝居も素晴らしかったし、彼らの人間性にふれあえたのは素晴らしい体験でした。

そしてもうひとつ、僕にとって重要だった事。

今回、世界をさすらうソウルミュージシャンとして登場した「JH Street Band」というのは、僕が15年程前修行させてもらったソウルバンドで、そのボーカルのジョニーさん、ギターのヒロさんとの再共演だったのです。

100409_202233_20100414141559.jpg


昨年あたりから縁あってしばしばスタジオで音を出したりはしてたんだけど、ステージに一緒に立つのは15年ぶり。

CCI00000.jpg

もうこれは僕にとっては、タイムスリップしたような体験でした。
でも、僕も昔のままではないし、先輩方の僕に対する接し方も以前とは少し違って、一緒に音楽を楽しむという感覚で演奏ができました。

この3日間で、若い役者さんたちのひたむきさに触れ、僕の師匠とも呼べる先輩方と共演した事で、とても満たされた気持になりました。

さぁ、この経験をバネに今週末の地下室の会のライブ、エボビでぶちかましてきまっせ~!!

bpl41_flyer.jpg

4/16(金)
@club 251 (下北沢)
地下室の会のサイトも覗いてみてね~。
プロフィール

よっしぃ

Author:よっしぃ
ベーシスト、よっしぃのブログです。
魅惑の東京サロンというバンドで弾いてます。
ソウル好きの仲間とやっているEbony-B & the Grasshopper(s)もよろしく!

よっしぃ on the gigs
よっしぃの近日中のライブ情報です。

10月21(金)@西荻窪 w.jaz
Ebony-B & the Grasshopper(s)

11月12日(土)@高円寺Jirokichi
久住昌之&オーケストラQ

11月19日(土)@新宿Golden eggs
Ebony-B & the Grasshopper(s)

12月15日@下北沢Club 251
J.H.Street Band
よっしぃにメールする
ブログへのご意見や、お問い合わせなどお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。