スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.Larry Graham

もう何年も前だけど以前このブログで、僕が好きな、というか影響を受けたベーシスト達を紹介しました。

そして現在、今更といえば本当に今更なんだけど、今改めてこの人にかなり影響されてます。
その名も、

「Larry Graham」

images.jpg


この間エボビのライブで彼のバンド「Graham Central Station」の曲「The Jam」をカバーしたのをキッカケに改めて彼の奏法を研究しててすっかりはまってしまっている訳です。

バンドやったり、楽器を演奏する人なら、ベースの奏法で「チョッパー」という言葉を聞いた事があると思う。
諸説いろいろあるけど、まずこの人物こそが「チョッパー」の創始者の一人である事は間違いないと言われている。
実はこの奏法にはいろいろ呼び方があって、最近でこそMarcus Millerの影響で「スラッピング(若しくはスラップ)」(=叩く)という呼び方が日本でも定番になって来ている。
僕の今までのスラップのスタイルはどちらかとWill Leeのやり方を参考にして来たんだけど、最近これが覆されつつあったりして。

彼の影響で、現在超一流で活躍しているベーシスト(先に挙げたマーカスやウィルも勿論含めて)達のほとんどがLarry Grahamに影響され、それぞれのスラップのスタイルを確立して来た訳だが、僕にはLarry Grahamの奏法は他のどのベーシストとも異なっているように聴こえる(というか、見える)
彼は自分の奏法を「チョッパー」とも「スラッピング」とも呼んでおらず、単純に手指の動作で表現して「Thumping and plucking」と呼んでいるが、彼の演奏中の映像を見るととても良く理解出来る。
因に辞書で調べると、Thumpingは=大きな音を立てる、plucking=むしる、とある。

なるほど、まさにそんな弾き方してるよね。

彼がこの奏法をするようになったのはきちんと理由がある。
彼自身曰く、Sly & the Familystoneに加入する前は、ピアニストである彼の母親と2人でプレイしいたらしいのだが、当時はドラマーと一緒に演奏する機会は無く、彼がベースでパーカッシブな音を出してドラムがいない分を補う工夫をした結果生まれた奏法なのだそうだ。
つまり彼は自分で必要に迫られて試行錯誤してあの奏法を確立した訳で、当然僕なんかには同じようには出来る訳ないと思うけど、彼の奏法のエッセンスを自分のスタイルに取り入れるべく、日々励もうかと努力してます。

おかげで今までピックアップフェンスを装着してた僕のジャズベからはフェンスが取り外され、フェンスを利用したスラップをしてた僕はまるでベースの初心者の様に毎日彼の音の出し方をイメージして練習するようになってきました。(ホントにフェンス無しじゃ全くと行っていいほど出来なくなってた。。。)
でも少しずつ、似た音(あくまで似た音ね)が出るようになってくるとそれは楽しいけど、20年ぶりくらいに出来た親指のタコが痛いです。。。

youtubeに彼のライブの映像がアップされているので、圧巻のベーススタイルを堪能してみて下さい。


http://www.youtube.com/watch?v=F-N7vLIEKkg




スポンサーサイト

テーマ : エレキベース
ジャンル : 音楽

今度の土曜日は吉祥寺曼荼羅へ!!

さてさて、今度の土曜日は久しぶりのエボビでのライブだぞ!


ヨースケの新曲が新曲を快適てリハで作り込んでるけど、意表をつくアレンジにヨースケらしい奇麗なメロがのっててこのバランスが絶妙!
この日はファンクバンドのイベントってことで、エボビも一曲カバーでファンクの名曲を披露します。(なんだろね??)

時間は18:30からと、ちょっと早めだけど終わってから飲む時間たっぷりあるってことでひとつ!

10月17日(土)
『FREEFUNK CONNECTION @曼荼羅』
FREEFUNK / サイモンガー&ファンク / Ebony-B & the Grasshopper(s)
open 18:00/ start 18:30
charge ¥2000(前売り)/2500(当日) +1DRINK ORDER

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

ヤバうま!

最近時々入るカレー屋さんで僕がはまっているメニューがある。

「マトンカレー」

ラム肉のカレーの事なんだけど、僕はラム肉の臭みが嫌いではないのでこの店で好んで注文するメニューだ。
カレーは自分で作るのも好きなのでこれを機に自分で作ってみる事にした。
でもカレーを作るのって僕にとって結構思い切りが必要なのだが(普段自分で食べる食事を作るのに20分以上かける事はまず無い)、ネットでざっとレシピを調べて足りないスパイスを買いそろえて作ってみた。

091013_1420~01001

結果は

「何これ!うまい!」

僕はどちらかというと料理に限らずレシピとか、マニュアルとかを読み込んで作業するのがとても苦手なのでざっと目を通したらあとは直感でやってしまうタチなんだけど、初めて作ったにしては奇跡的においしくできたのだ。

最初の想像では、「やっぱり素人が作ると肉が硬くなっちゃうんじゃないかな?」なんて思ってたんだけど予想に反して肉もトロトロ。スパイスのバランスもバッチリだった。やるね、オレ。

今回のマトンカレーづくりの成功のポイント。
●レシピにとらわれず味見を繰り返しながら直感で作った事。

今回のマトンカレーづくりの反省点。
●レシピを軽んじて直感で作ってしまった事。(多分2度と同じ味で作れない)
加えて、スパイスについての知識が足りなかった事。

やはり何でもそうだけど、セオリーと直感のバランスって大事なのね。。。

また作ろっと。

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

魅サロdeホームパーティー!! 無事終了!!!

昨晩の魅惑の東京サロンワンマンライブ、「魅サロdeホームパーティー」にご来場頂いた皆様、出演者および関係者の皆様、本当にありがとうございました。

おかげさまで非常に内容の濃いライブになり、お客さんにも喜んで頂けたようで、準備は大変だったけどホントにやって良かったと思います。

久住さんは等身大の歌詞とお客さんにダイレクトに伝える歌声でがっちり心をつかんでくれました。

Haruさんは、期待通り本格的な歌唱力を存分に発揮して頂き僕たちとお客さんを堪能させてくれました。

ハ・ミョンスさんは非常に高い演奏技術と表現力で、ソヘグムというどちらかというと一般的には認知度の低い楽器の魅力を存分に伝えてくれました。

大久保さんはステージを存分に使って一人でも多くのお客さんに近づこうと言わんばかりに、メロディーに乗せた心の言葉を僕たちに届け、会場のボルテージを最高潮までもって行ってくれました。

蛭田奈由未はやはり僕らが6年間も一緒にやってる仲間、トリを飾るにふさわしい貫禄のステージを魅せてくれました。

そんな今日のゲスト5名です↓↓↓
(左から蛭田奈由未、ハ・ミョンスさん、久住昌之さん、Haruさん、ゲストじゃないけどゆうたさん、大久保ノブオさん)
091007_2332~01


バックで頑張った僕たち魅惑の東京サロンも頑張ったぞ!

魅サロのメンバーと今日のゲストの皆さん全員集合!↓↓↓
SN3D1025.jpg


みんなホントにありがとう!

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

魅サロdeホームパーティー!!

さて、今度の水曜日は、魅サロではおなじみの原宿クロコダイルにて、
魅惑の東京サロンとしては初めてのワンマンライブです。

タイトルは

「魅サロdeホームパーティー」

魅惑の東京サロンとしての、インストゥルメンタルの演奏は勿論、メンバー縁の多方面のゲストを5名迎え、それぞれのパフォーマンスを魅惑の東京サロンをバックに存分に発揮してもらおうという企画です!

魅サロdeホームパーティー
2009年10月7日(水)
原宿クロコダイル
open 18:00
start 20:00
charge 2500円(オーダー別)

1007.jpg

では今回迎えるゲストを少しだけ紹介。

先ずは漫画「孤独のグルメ」等で有名で、ミュージシャンとしても精力的に活動しておられる久住昌之さん。
僕のブログを見てくれている人は、普段から僕とぃど兄、たんたんさん、加藤さんが久住氏のライブのお手伝いをしている事はご存知かと思いますが、今回は久住氏をゲストに迎えてのパフォーマンス。
オーケストラQとは違ったサウンドで久住氏の魅力を堪能して頂きます!

そして素敵な女性シンガー、Haruさん。
シンガーとして、作曲、作詞のフィールドでも活躍している本格派R&Bシンガーです。
ゆうたファンならご存知かもしれませんが、彼女はゆうたさんが参加しているセッション、「おかどちゃんスマイルズ」でも頻繁に登場しているR&Bをベースにしたシンガーです。
表現力豊かで説得力のある歌声は必聴ですよ!

んでもって、今回のゲストで唯一、プレイヤーである、ハ・ミョンスさん
彼が演奏する楽器はソヘグム(小奚琴)といって、韓国に古くから伝わる楽器「奚琴」を改良したもの。歴史の深さを感じさせる美しいメロディーを聴かせてくれます。
彼のライブには時々僕も呼んでもらっていて何度か共演させてもらっていますが、ミサロの様に大編成のバンドでソヘグムをフューチャーさせた演奏をするのは初めて。既にリハーサル済みですが、かなり良い雰囲気に仕上がっています。
普段なかなか耳にする事のない珍しい音色なので、聴き逃すと後悔しますよ、ハイ。

そして次に紹介するのは大久保ノブオさん。
彼は音楽ネタで人気を博しているお笑いトリオ「ポカスカジャン」のリーダー。
2004年にポカスカジャンの公演をヒルサロでお手伝いさせて頂いて以来、ギターのダッチは何度も大久保氏のライブを手伝ったり、ヒルサロのライブにゲストで出演してもらったりしていましたが、今回も
素敵なオリジナルソングを披露してくれます。笑いと感動をいっぺんに与えてくれる、素晴らしいアーティストです。

最後に紹介するのは、ご存知我らのディーバ、蛭田奈由未にも登場してもらいます。
説明不要、ヒルタナユミと魅惑の東京サロンがヒルタナユミと魅惑の東京サロンと命名されている所以の、ヒルサロの歌姫。彼女に登場してもらわない訳にはいかないってもんでしょう。
ヒルサロの古くからのあの代表曲が聴けるかも!?

どうですか?どれをとっても楽しそうだよね?
水曜の夜はクロコダイルで決まりだね!
プロフィール

よっしぃ

Author:よっしぃ
ベーシスト、よっしぃのブログです。
魅惑の東京サロンというバンドで弾いてます。
ソウル好きの仲間とやっているEbony-B & the Grasshopper(s)もよろしく!

よっしぃ on the gigs
よっしぃの近日中のライブ情報です。

10月21(金)@西荻窪 w.jaz
Ebony-B & the Grasshopper(s)

11月12日(土)@高円寺Jirokichi
久住昌之&オーケストラQ

11月19日(土)@新宿Golden eggs
Ebony-B & the Grasshopper(s)

12月15日@下北沢Club 251
J.H.Street Band
よっしぃにメールする
ブログへのご意見や、お問い合わせなどお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。