スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hiram Bullock(the Guitar man)

ブルーノートのホールに入ると、僕はあろう事か最前列の真ん中に席をとった。
僕の目の前にはセンターのコロガシ(モニター)があった。
いざショウが始まると、、、はっきり言って一番近くにいるのにほとんどゆっくり見れなかった。ハイラムは歌っている時は僕の前には文字通り目の前に大木のごとく立ちはだかっていて、僕は天を仰ぐがごとく顔を上げなければ彼が歌う顔を見る事が出来なかったし、ウィルはウィルでとにかくステージ上をじっとしていない。
ギターソロのパートがやってくるとステージの両端から客席のテーブルにハイラムとウィルの2人が飛び移り、そのまま会場中をテーブル上を踊りながら渡り歩いて会場のボルテージをさらに上げてゆく。
はっきり言ってまともに演奏している姿を見れたのはドラマーのクリント・デ・ギャノンだけ。僕は少しでも彼らの演奏を近くで見たいと思ってこんな席に座った事を完全に後悔していた。

こんなめちゃくちゃやってるのに演奏技術は非常に確かなもので僕は完全にノックアウトされた。
それよりなにより、彼ら自身が演奏して歌う事を「楽しんで」いた。

そんな彼らのショウをみて、「誰かに近づこうとして演奏したり、真似しようとして演奏しても意味はなくて、自分自身をさらけ出して見せつける事の方が見る人の心を動かすんだな。。。」なんて感じたりもした。

それから彼らが日本に来る度に機会(とお金を)作っては彼らのショウを見に行った。(もちろん少し後ろの方に席をとって。)
いつ見ても相変わらず、演奏は底抜けに明るくてファンキーで、エネルギーに満ちあふれていて、彼のボーカルはクールだった。

最後にハイラムを生で見てから、もう10年くらい経ったかな。。。
今ではこんな僕もなんとかほんの少しずつプロとして演奏する機会をもらえるようになった。




ウィル・リーのサイトをのぞいてみると、確かにウィルのハイラムに対するお悔やみのコメントが掲載されている。

ホントなんだ。。

ハイラムよ、あなたはすごいアーティストでした。
あなたが愛したJimi Hendrixと同じくらい人々にエネルギーを与えてくれるアーティストであったと思います。

合掌。
スポンサーサイト

Hiram Bullock(Hey, no kidding, man! )

あるドラマーからメールが来た。
「よっしぃさん、ハイラムが亡くなったってホントですか?」
この冗談にしてはタチの悪いメールは睡眠不足の僕を眠りから無理矢理引きずり出すには充分だった。



僕がハイラムのギタープレイを初めて耳にしたのは、彼のソロアルバム『From All Sides』。
当時僕は20歳位だったかな。
まだ海外のジャズとかフュージョンとかソウルとかほとんど聴いた事がなかった。
当時知り合ったある先輩キーボーディストに「これ、かっこいいし勉強になるから聴いてみな。」って借りたのがこのアルバムだった。(このアルバムは僕が最も影響を受けたベーシスト、Will Leeのプレイとの出会いでもあった。)
結構衝撃的な出会いだった。

ハイラムのサウンドは、当時の印象をそのまま表現すると、言葉は悪いが「下品」という感じだった。
なのに、いやでも耳に残る強烈な音色で、そのくせバラード曲ではすごくセンスのいいフレージングを聴かせてくれるし、何よりボーカルがファンキーで暖かかった。

そんな印象を持ちつつも、まだその辺の音楽に深く興味を持てていなかった僕にとって、最も興味のあるギタリストとは言えなかった。

何年か後、僕はWill Lee大好きのベーシストになっていた。(一時期は髪型まで真似しようとした)
そんなとき、Hiram Bullock Bandの「Many's Car Wash」というライブアルバムが発売された。それを聴いて僕はさらに、Will Leeのアーティストとしてのレベルの高さに驚嘆し、感動し、彼に近づく事の難しさを思い知って愕然としたりもした。(「この人ウマ過ぎって事ね。。。)」
そしてさらに、ハイラムのギターの音とプレイにぶっ飛んだのだった。

ほどなくして、彼らがブルーノートにやってくるというのでチケットを予約して一人で見に行った。

そしてその夜、そのステージで繰り広げられたのは、名門ジャズクラブにあって、間違いなく「ロックコンサート」だった。

       続く

ヒルサロin山形②

200807141404372
20080714140437
200807141404362
20080714140436
今日は本番までの時間にさくらんぼ狩りに連れてってもらいました~。
黒いのもアメリカンチェリー出はなくて国産のこういう品種なんだとか。

そのあとは山寺という場所にある立石寺にお参り。
奥の細道で立ち寄った松尾芭蕉が
「静けさや 岩にしみいる 蝉の声」
という有名な句を詠んだ事で知られる寺です。

とても厳かな雰囲気で心休まる場所です。

そして昼食は立石寺の麓の蕎麦やでお蕎麦。

食べ慣れた細麺の蕎麦と違って太くて腰のある蕎麦でした。

さて、今夜もライブ頑張りまっせ~。

ヒルサロin山形

20080714112403
我がヒルサロは昨日から山形県のホテルで3日間連続のライブにきてまっせ~。
ライブは夜だけだからのんびり過ごしてまっせ~。
とにかく飯は大量に食ってまっせ~。
この3日間で多分太って帰るんだろうな~。
プロフィール

よっしぃ

Author:よっしぃ
ベーシスト、よっしぃのブログです。
魅惑の東京サロンというバンドで弾いてます。
ソウル好きの仲間とやっているEbony-B & the Grasshopper(s)もよろしく!

よっしぃ on the gigs
よっしぃの近日中のライブ情報です。

10月21(金)@西荻窪 w.jaz
Ebony-B & the Grasshopper(s)

11月12日(土)@高円寺Jirokichi
久住昌之&オーケストラQ

11月19日(土)@新宿Golden eggs
Ebony-B & the Grasshopper(s)

12月15日@下北沢Club 251
J.H.Street Band
よっしぃにメールする
ブログへのご意見や、お問い合わせなどお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。