スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬に…

20071231015913
今日はとある音楽事務所の忘年会にお呼ばれして来ました。そこのビンゴ大会で当たった景品がこれ。 よくぞ思い付いてくれました!万札トイレットペーパー!

と言うわけで明日の大晦日は日頃からお世話になっている渋谷NOBのカウントダウンイベントに参加してきます。 今回僕と一緒にプレイするのは、盟友井戸智文(ドラム)と斉藤庸介(オルガン、ピアノ)とかねてから何かやろうと企んでいたトリオバンド。極めてマイペースで進めてきたセッションをようやく実現させます。自他共に認めるソウルばかトリオに今回はギターの能條陽一郎も参加。
ソウル好きにはツボなセッションとなることうけあい!
23時頃~出演します。一年でたった1日終電を気にしなくて良い日ですので是非とも遊びに来て下さい!

スポンサーサイト

貴重な体験

昨日は僕にとって、なかなか出会えない貴重な経験をしました。
旧友で以前僕がサポートしていたSHE FACTのTAHYAと京子が企画したミュージックワークショップにデモンストレーターとして参加して来たのです。
講師に迎えたのはTAHYAがニューヨーク時代に音楽の基礎を学んだという素晴らしいジャズドラマーでタップダンサーのデイビッド・ギルモア氏と、シンガーののぶ子氏。

ワークショップ自体は大まかな構成で進行していき、前半はのぶ子氏が講師でニグロ・スピリチュアル(黒人霊歌)を参加者全員アカペラで歌い、後半はデイビッドが講師となってリズムについてのデモンストレーション。
僕は後半でベーシストとしてSHE FACTの京子のピアノと共にデイビッドがプレイするリズムに反応してグルーヴを組み立てていきました。

アカペラの部分でも楽器をとって演奏する部分でも共通して感じたのは彼らは「タイム」を非常に重要視しているという事でした。
この事を文章で説明するとかなり長くなるので省略しますが、デイビッドのアフリカンビートのドラムに合わせて演奏した時、今まで感じたことのない、言うなれば「グルーヴの波」を感じました。この感覚にはじめはドラムにしっかり合わせて自分がプレイ出来ているのか不安に感じましたが、そね「グルーヴの波」を体で感じた通りにプレイする事で自分もその波にうまく乗れている事を感じました。そして同時にデイビッドも僕や京子の波を感じながらプレイしている事も分かりました。 この「グルーヴの波」に同調する事の大切さ、心地よさを忘れずに、今後の自分のプレイに役立てたいと思います。

退院!

突然の故障で修理工場に1週間余り入院してた我が子が退院して来ました。

samber


手のかかる子だぜまったく!
実は寂しかったぜMY BOY!

オレが年取ったらちゃんと面倒みてくれるんだろうな!

ねえさん、事件です。

とある日の夕方近く、僕は愛車のサンバーディアスクラシックで新小岩に向かっていた。
普段はヒルサロの機材は全てゆうた姐さんが管理する機材車で運搬しているのだが、週末に控えた営業の仕事に向けて、機材を僕の車に積み換えなければならないのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日のヒルサロのヒハーサルで集合時間を過ぎてもゆうたねえさんが運転する機材車がなかなか到着しないので、どうしたのかななんて思っていると、当のゆうたさんから連絡が入った。
どうやら車検を翌日に控えたわがヒルサロ号(ただのハイエース)が煙りをふいて動かないらしい。
近所の工場に預けて、必要最低限の機材だけを工場で借りた代車に積んでからくると言う。
ようやく現場に現れたゆう姐さんから詳しく聞くと、事態は思いのほか深刻らしく、修理が週末の営業の仕事に間に合わないらしい。
というやむない事情で工場においてあるヒルサロ号から僕の車に機材の全てを積み換える事になったのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「機材の量けっこうあるし、全部積めるかな…」
家を出発して10分程、信号で停車中にそんな事を考えていた。
やがて信号が青になり、発進しようとギアを入れて静かにアクセルを踏み込んだところで異常に気が付いた。

エンジンが止まっているのだ。

「恥ずかしいな〜、エンストしちゃったよ」
なんて考えながら何度かキーをまわしてみる。

が、一向にエンジンがかかる気配がない。

それでも事態をそれほど重く観てなかった僕は下り坂の惰性を利用して路肩に車を寄せて一息ついてから再び何度か試みた。

やはりかからない。

……
「エンコだぁ〜!」

ど、ど、どうしよう。機材が積み込めなかったら週末の仕事はどうしたらいいのだ。
と狼狽えそうなところだが、こんなときって妙に冷静になってしまうものなのだ。
日頃から世話になっている自動車工場に電話すると、すぐに車載専用車で迎えに来てくれた。
幸い走り出してそれほど経っていなかったのですぐに車は工場に運ばれたが、どうやらすぐに修理できる問題ではないらしい。
駄目モトで、貨物用の代車を借りれないか聞いてみると、運良く週末だけならという条件で日産のバネットというバンを貸してくれた。

ふう。。。。。。

と言う訳でこの代車で無事機材の積み換えを終え、週末の仕事も滞り無く終える事が出来た。

しかし、一体何と言う見事なタイミングでバンドに関わる車が2台も故障してくれるんだろう。
これ以上トラブルが続かなきゃイイな…。

後日談
僕の車はキャブレーターという部品を丸ごと換えなければならなく、予想以上に修理代金がかかってしまった。
ああ、せっかくマックを買い替えようと思ってお金ためてたのに、また買い換えが遠のいてしまった。。。

プロフィール

よっしぃ

Author:よっしぃ
ベーシスト、よっしぃのブログです。
魅惑の東京サロンというバンドで弾いてます。
ソウル好きの仲間とやっているEbony-B & the Grasshopper(s)もよろしく!

よっしぃ on the gigs
よっしぃの近日中のライブ情報です。

10月21(金)@西荻窪 w.jaz
Ebony-B & the Grasshopper(s)

11月12日(土)@高円寺Jirokichi
久住昌之&オーケストラQ

11月19日(土)@新宿Golden eggs
Ebony-B & the Grasshopper(s)

12月15日@下北沢Club 251
J.H.Street Band
よっしぃにメールする
ブログへのご意見や、お問い合わせなどお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。