スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭湯

マイブームという程でも無いけど、最近よく銭湯に行く。

今でこそ一人暮らしをしていて、風呂は自宅の風呂を使うけれど、生まれてから実家を出るまでは毎晩銭湯に通っていた。

実家とは言っても築50年位で風呂なしの古いアパートに僕の家族は住んでいて(どんなポリシーかは知らないが、父は家族で住むのに十分な広さの所に住み替えようとはしなかった)、毎晩銭湯に通わざるを得なかったのだ。

父と僕はともに剣道をやっていて、毎日稽古から帰ると近所の銭湯で汗だくの体を流したものだ。

しかし、大人になると銭湯の営業時間に合わせて生活するのも厳しくなり、実家を出てからは、好きな時間に風呂に入れる便利さを有難く感じながら暮らして来た。

が、やはり銭湯で育った為か、最近はゆっくり足をのばしてたっぷりのお湯に浸かれる気持ち良さが恋しくなる事があり(特にこの時期はね)、週に一度位は父を誘って実家のそばの、幾度かの改装を重ねてすっかり様変わりした地元の銭湯に行っているという訳だ。

小さくなった父の背中を流してあげながら、最近どうだだのどこが痛いだのとりとめも無い会話を楽しんでいる。

今の銭湯はビックリするくらい料金も高いけど、たまにはいいもんです。

皆さんもたまには如何ですか~?
スポンサーサイト

僕の隠れ家パート2

僕はお酒が好きです。

いきなり単刀直入ですいません。。

仲間とわいわいやるのも好きだけど、地元の店に一人でぷらっと入ってそこで出逢った人とくだらない話から、思わずまじめなネタで盛り上がる事が有るのもこういった飲み方の楽しみの一つ。

今日は僕が時折立ち寄る文字通り「立ち飲み屋」の紹介です。

だいぶ前に西武新宿線の武蔵関駅近くの、僕の隠れ家とも言えるお店このブログでも紹介したと思うんだけど、そこのマスターが一念発起して出した2号店とも言える立ち飲み屋を紹介しようと思います。

この店はスタンディングのカウンターと奥に数人腰掛けられる座敷があるだけで、メインは「立ち飲み」
しかし、このスタイル、僕が近辺の様子を窺っている限り、この駅周辺では一番繁盛しているようです。

その理由の一つが

「店員が女の子だけ」

これだけで、多分地元のおじさんたちは応援したくなるんだよね。

そして僕が思うにもう一つの理由が

「力んでない(りきんでない)」って事。

「酒はこれがおすすめ!」とか、「今日は何がおいしいよ!」なんて事も無く、みんな好きなように飲める店なんだよね。
「ぷら~」っとテキトーにやってきて、隣のお客さんとなんとなく話して、串焼きやらモツ煮やらをつまんで焼酎やらホッピーやらを片手に和んでる。
とりまくお客さんを含めて非常に雰囲気がいい訳です。

写真はこの店を任されてる「ママ」

100721_1848~01

まだまだ若いのに皆からママよばわりされちゃってるけど、しっかりこの店守ってます。

いい店ですぞ!

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

プロフィール

よっしぃ

Author:よっしぃ
ベーシスト、よっしぃのブログです。
魅惑の東京サロンというバンドで弾いてます。
ソウル好きの仲間とやっているEbony-B & the Grasshopper(s)もよろしく!

よっしぃ on the gigs
よっしぃの近日中のライブ情報です。

10月21(金)@西荻窪 w.jaz
Ebony-B & the Grasshopper(s)

11月12日(土)@高円寺Jirokichi
久住昌之&オーケストラQ

11月19日(土)@新宿Golden eggs
Ebony-B & the Grasshopper(s)

12月15日@下北沢Club 251
J.H.Street Band
よっしぃにメールする
ブログへのご意見や、お問い合わせなどお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。